たまりば

  旅行・観光 旅行・観光  多摩市 多摩市

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

2017年08月12日

南京の大学生が紹介する南京




私の勤務校である南京郵電大学(中国・南京市)の外国語学院日本語科の学生が日本語で南京を紹介したガイドブックを、本日(8月12日付け)の東京新聞朝刊で取り上げていただきました。

東京新聞の記事
http://www.tokyo-np.co.jp/article/metropolitan/list/201708/CK2017081202000167.html

現在日本で発行されている観光ガイドブックでは「南京」をあまり取り上げていないため、南京の観光地について詳しく知っている日本人は少ないのではないかと思いますが、南京は北京、西安、洛陽とともに四大古都の一つであり、たくさんの観光客が訪れています。

今年は日中国交正常化45周年であり、南京に関心のある日本人の方に南京の魅力を感じていただけたらと思い、日本語科の学生が選んだお薦めの観光地38ヶ所を現地調査し、日本語で文章を書いてガイドブックにしました。このガイドブックが皆様のお役に立つことができましたら幸いです。

なお、南京ガイドブックPDF版をご希望の方は右側のサイドバーの一番下にある「オーナーへメッセージ」からお名前とメールアドレスをお送りいただければ、PDF版のガイドブックを送付いたします。

このホームページ「東アジア地理・言語研究室」では、今後ガイドブックの内容も少しご紹介したいと思っております。「東アジア地理・言語研究室」 のFACEBOOKページも用意しておりますので、ご覧いただけましたら幸いです。

この度は新聞記事及びこのブログ記事に関心を持っていただきまして、ありがとうございました。

FACEBOOKページ
https://www.facebook.com/%E6%9D%B1%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E5%9C%B0%E7%90%86%E8%A8%80%E8%AA%9E%E7%A0%94%E7%A9%B6%E5%AE%A4-498017173872267/?notif_t=page_fan¬if_id=1502476916562322

南京郵電大学外国語学院 小椋学
  


  • Posted by EAGL at 08:49Comments(1)

    2017年08月07日

    バスが停車してから席を立つのが日本式




    普段の生活の中で当たり前のようにやっていたことが、外国に行くと実は当たり前ではなかったということがよくあります。身近な公共交通の一つであるバスの降り方も日本と外国では異なります。日本ではバスを降りる時は、まず「降車ボタン」を押し、バスがバス停に完全に停車してから席を立つよう案内されます。特にお年寄りや小さな子供がバス停に停車する前に降りるために席を立とうとすると、バスの運転手から「バスが停車するまで、席を立たないでください。」と注意されることもあります。そして、バス停に停車する時には、急ブレーキにならないようバスの運転手は細心の注意を払っています。
    一方、中国や韓国では、どうでしょうか。私は韓国のソウル、中国の北京と南京で生活したことがありますが、バスを降りる時はバスがバス停に停車する前に降車扉の前で待っていなければなりません。なぜなら、降車ボタンがないため、降車扉の前に人がいなければ降りる人はいないと判断し、バス停を通過してしまうからです。もし、慌てて降りようとして、バスの運転手に「扉を開けてください。」と言ったら、「なぜ、事前に降車扉の前で待っていなかったんだ。」と叱られてしまいます。また、日本とは違い、バスは乗り心地よりも速さが優先されます。そのため、急ブレーキで停車することも少なくありません。お年寄りの方もバスに乗りますが、車内で転倒したり、怪我をした人は見たことがありません。中国や韓国ではそれが普通なのです。
    このように、バスの降り方だけをみても日本とは全く違います。そういった様々な違いを的確に認識した上で、外国人観光客向けの案内やサービスを充実させていくことが、今後ますます重要になっていくと思います。




      


  • Posted by EAGL at 22:34Comments(0)

    2017年08月06日

    留学生と一緒に万里の長城に行ってきました




    こんばんは。今日は大学の行事で、留学生と一緒に万里の長城に行ってきました。私はこれまで4回行ったことがありますが、慕田峪長城(ぼでんよくちょうじょう)は今回が初めてです。世界各国からやってきた留学生が6台のバスに乗り込み、約2時間で長城の近くにある駐車場に着きました。そこから別のバスに乗って長城がある山の麓で降りました。それから山道を登って長城まで行くのですが、外は34℃で日差しが強いため、途中で何度か休憩しながら、ようやく長城に辿り着きました。今日は天気が良く、長城からの眺めは最高でした。今回参加した留学生の多くは、初めて長城を見て、とても感動したと言っていました。万里の長城と言えば、世界的にも良く知られた城壁の遺跡です。みんなたくさん写真を撮って満足そうでした。帰りはケーブルカーに乗ったので、あっという間にバス停の近くまで降りることができたのですが、ケーブルカーは往復120元、片道100元という値段設定にびっくりしました。それでも、今回の旅行を通して、多くの外国人と知り合うことができて、とても楽しい一日になりました。



      


  • Posted by EAGL at 22:09Comments(0)

    2017年08月05日

    日本豆腐って、ご存知ですか?

    みなさん、こんばんは。突然ですが、皆さんがもし中国人から「日本豆腐(にほんどうふ)が美味しいお店はどこですか。」と日本語で聞かれたら、どう答えますか?
    多くの人は「日本の豆腐」だから「冷奴(ひややっこ)」のことを言っているのかなと考えて、豆腐屋やコンビニ、スーパー、居酒屋などを案内するのではないかと思います。そして、その中国人がお店で冷奴を見た時、これは「日本豆腐」ではないと言うのではないかと思います。
    それはいったいなぜでしょうか。中国には「日本豆腐」という名前の料理があります。私は北京で久しぶりに中国人の友人と食事しました。私が中国人の友人と食事をする時は、お薦めの料理を注文してもらっています。そうすると、普段中華料理ばかり食べているから、たまには日本料理を食べたいでしょうという配慮からか、「日本豆腐」をよく注文してくれます。




    これは私が北京のレストランで食べた「日本豆腐」です。これのいったいどこが「日本」と関係があるのかと思われた方も多いのではないでしょうか。豆腐は丸く、黄色い色をしています。実はこの豆腐は「玉子豆腐」です。中国では玉子豆腐のことを「日本豆腐」と呼んでおり、このように玉子豆腐を使った料理があります。「日本豆腐」という名前なので、日本には上の写真のような料理があると思っている中国人も少なくないようです。だから、日本人が中国で初めて食べたと言うとびっくりされます。面白いですね。
      


  • Posted by EAGL at 22:31Comments(0)

    2017年08月05日

    国際色豊かな北京語言大学




    7月31日から研修を受けるために、中国の首都、北京にある北京語言大学(ぺきんごげんだいがく)に来ています。中国語を勉強された方や中国に留学された方は、よくご存知だと思います。北京語言大学は外国人向けの中国語教育で国内外から高く評価されており、中国の大学の中で留学生の数が一番多い大学です。また、HSK(中国政府公認の中国語検定)を開発し、数多くの中国語のテキストを発行しています。これまで180以上の国の留学生がこの大学で勉強したことがあり、小联合国(小さな国連)と呼ばれています。とても国際色豊かな大学です。私も以前この大学で中国語を勉強したことがあり、中国人をはじめ、韓国、インドネシア、タイ、ベトナム、ロシア、アメリカ、マレーシア、イギリス、ドイツ、オランダ、スイス、スペイン、イタリア、ギリシャ、ウズベキスタンの留学生と知り合いました。また、外国語を専攻としている中国人の学生が多く、外国人との交流に興味のある学生が多いため、中国人の学生と交流しやすいのも、この大学の魅力です。現在は夏休みのため、中国人の学生の多くは帰省していますが、短期留学の学生たちで賑わっています。
    今後は中国や語学に関する記事や多摩に関する記事を書いていきたいと思います。



      


  • Posted by EAGL at 10:10Comments(0)

    2017年08月02日

    京王電車スタンプラリー




    8月になりました。皆さんは、いかがお過ごしでしょうか。先日、京王永山駅でスタンプラリーの冊子(スタンプ帳)を発見しました。スタンプラリーと言えば、子供たちが大好きな夏のイベントですね。私も小さい頃、毎年京王線のスタンプラリーに参加しました。その当時は、「夏の思い出ペッタンポン」と言っていました。京王線の全ての駅にあるスタンプを集めて、最後に記念品をもらうイベントです。普段降りたことのない駅に降りてみると、それぞれの駅の構造や駅前の様子などが分かるので、とても面白かったです。夏休みの自由研究は、スタンプラリーに参加しながら写真を撮り、調査した内容をまとめました。
    今年のスタンプラリーは7月29日から9月18日まで開催しているそうです。スタンプは全ての駅にあるのではなく、笹塚駅、調布駅、北野駅、京王永山駅、池ノ上駅の5駅のみです。5駅のスタンプを集めて、多摩動物公園駅前にある京王れーるランドに行くと記念品がもらえるそうです。記念品は先着順で異なるようですが、9月にデビューする新型5000系のクリアファイルなどがもらえるそうです。皆さんも参加してみては、いかがでしょうか。普段降りない駅で降りてみると、新しい発見があるかもしれません。スタンプラリーの詳細はスタンプ帳にてご確認ください。




      


  • Posted by EAGL at 22:06Comments(0)

    2017年07月27日

    緑の京王線




    最近、京王永山駅から新宿方面に行く時、かなりの確率で緑色の電車に乗っています。皆さんは、この緑色の電車をご存知ですか。
    京王線と言えば、アイボリーにピンクやブルーのラインが入った電車が思い浮かびますが、沿線の観光地「高尾山」をPRするために、1編成(10両)を従来の京王線の車両とは異なる緑色にラッピングして2015年9月から運行されています。「高尾山トレイン」と呼ばれています。1編成だけしかないので、普段なかなかお目にかかれないはずですが、最近は新宿~橋本間の急行電車で使用されているため、この車両に何度も乗りました。
    私は全く記憶が無いのですが、京王線は以前緑色の電車が走っていたそうです。この緑色は1983年まで運行されていた2000系の色だそうです。高尾山トレインを見ると、昔の京王線に出会ったような気になります。この車両を見ると、高尾山や多摩の景観と調和する色なのが分かります。この車両に乗って、今度はぜひ高尾山に行ってみたいですね。




      


  • Posted by EAGL at 00:03Comments(4)

    2017年07月26日

    東京オリンピックのグッズを買うなら




    東京オリンピックまであと3年。新国立競技場をはじめ、オリンピック開催に向けて、いろいろな準備が進められています。多摩地域では、武蔵野の森総合スポーツプラザと東京スタジアムが競技会場となっています。みなさんも、いろいろな形でオリンピックに関わることができると思います。海外から来たお客様には、ぜひ多摩地域で楽しい思い出をいっぱい作ってもらいたいですね。
    東京2020オフィシャルオンラインショップでは、さまざまなグッズが売られています。インターネットで買うのは便利ですが、実物を見てから買いたいという方も多いと思います。東京都庁の中にある売店ではオフィシャルグッズを販売していると聞いたので実際に見てきました。都庁内にある8店舗でオフィシャルグッズを取り扱っており、その中で一番品揃えがいいのが第一本庁舎北展望室45階にある「博品館TOY PARK都庁店」だそうです。但し、全ての商品を取り扱っている訳ではありませんので、ご注意ください。北展望室は地上202mの高さにあり、東京を一望することができます。東京タワーや六本木ヒルズなどとは違い、無料で展望室を見学することができます。外国人の観光客もたくさん来ていました。夜は夜景もきれいだそうです。皆さんもぜひ行ってみてください。







      


  • Posted by EAGL at 22:47Comments(0)

    2017年07月24日

    中国人が知らない杏仁豆腐




    杏仁豆腐(あんにんどうふ)と言えば、中華料理店で最後に出てくる定番のデザートとして知られていますが、私はまだ中国で杏仁豆腐を食べたことがありません。日本ではランチセットなどを注文するとデザートとして出てくることが多いので、中国に行けば本場の杏仁豆腐が食べられるのではないかと期待していたのですが、中国人の学生に聞いても杏仁豆腐を知っている人は一人もいませんでした。昨年の夏休みに中国人の大学の先生が日本に研修でいらっしゃった時、私は中華料理店で杏仁豆腐を注文して先生に味見していただきました。食べた感想はアイスクリームのような味だとおっしゃっていました。杏仁豆腐という名前なので、豆腐のような味だと考えていらっしゃったようですが、全く予想外の味でびっくりされていました。このように私たちが普段当たり前のように信じていたことが、実はそうではなかったということがたくさんあります。中華料理と言っても、日本人の口に合った味付けになっていますし、日本にしかない中華料理もあります。他の国の方と交流すると、新しい発見があって面白いです。  


  • Posted by EAGL at 20:58Comments(0)

    2017年07月23日

    中国の電子マネーアプリ 支付宝




    近年訪日外国人が増え続けています。日本政府観光局(JNTO)の資料によると、2016年は2403万人が日本に訪れたそうです。その中で中国人は637万人で全体の25%を占めています。中国人観光客の急増に伴い、中国人観光客向けのサービスが充実してきました。銀聯(ぎんれん)カードでの決済に対応する店が多くなっただけでなく、支付宝(アリペイ)での決済に対応する店も増えてきました。中国語では支付宝(ジーフーバオ/ zhī fù bǎo)と言います。支付宝はスマートフォンの電子マネーアプリです。日本では決済する時にクレジットカードやSuicaなどの交通カードがよく使われますが、中国では支付宝が使われています。支付宝のアカウントがあれば、お互いにお金を送ったり、受け取ったりすることができます。ですから、買い物をする時にも友達にお金を送る時にも使うことができます。中国では多くの商店が支付宝での支払いに対応している他、露店で買い物をする時やインターネットショッピングをする時も支付宝でお金を払います。支付宝は中国の銀行口座と連携していて、利用する度に銀行口座からお金を支払ったり、入金したりしています。支払手数料はかかりませんし、スマートフォンだけ持っていれば支払いができるので、現金ではなく支付宝を使う人が増えています。日本でも支付宝の決済に対応する商店が増えれば、中国人観光客は中国にいるのと同じ感覚で買い物ができ、ますます便利になると思います。  


  • Posted by EAGL at 21:18Comments(0)