たまりば

  旅行・観光 旅行・観光  多摩市 多摩市

2017年07月21日

すもも祭 大國魂神社




昨日は府中の大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)で「すもも祭(まつり)」が行われました。将軍の源頼義(みなもとのよりよし)、頼家(よしいえ)は大國魂神社で戦勝祈願を行い、戦(いくさ)に勝った後お礼参りで再び大國魂神社を訪れ「すもも」を供えたことに由来するお祭りで、毎年7月20日に行われています。すもも祭の時には「すもも」が販売されるだけでなく、たくさんの露店が出店します。金魚すくいや綿あめ、お好み焼きや串焼きなど、さまざまな露店を見るのも楽しみの一つです。夏休みはたくさんの外国人が日本に観光に訪れますが、こういったお祭りや花火大会、盆踊りなど日本の夏を代表する行事に参加したら、きっと楽しい思い出になるのではないかと思います。大國魂神社は小さい頃からよく参拝に来ましたが、すもも祭に参加したのは今回が初めてです。境内はとても賑わい、すもも祭当日にしか頒布されない「からす団扇(うちわ)」を買い求めていました。からす団扇は五穀豊穣(ごこくほうじょう)・悪疫防除(あくえきぼうじょ)・厄除(やくよけ)のご利益(りやく)があると言われています。団扇のデザインは、とても素敵ですね。他に「からす扇子(せんす)」もあり、一番高い5,000円の扇子は既に売り切れていました。大國魂神社では他にもたくさんの行事が行われますので、興味があったらぜひ行ってみてください。














  • 上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    すもも祭 大國魂神社
      コメント(0)