たまりば

  旅行・観光 旅行・観光  多摩市 多摩市

2017年07月22日

稲城市でガンダムに会おう!




私の故郷は稲城(いなぎ)市です。人口は8.7万人。京王線で新宿から25分程度。多摩ニュータウンの一部でもあります。友達から「稲城には何がありますか。」と聞かれると、梨やぶどう、よみうりランド、ジャイアンツの練習場などと答えていました。以前は大きな商業施設はなく、日用品は地元の商店街やスーパーへ買いに行き、それ以外のものを買う時はよく調布や府中、永山、多摩センターなどに出かけていました。市内の道は細く曲がっており、梨畑やぶどう畑のほか、小さな田んぼや畑などが至る所にありました。そんな稲城市も都市化が進み、昔の面影がだんだんなくなってきました。私は稲城市に住みながら、街が変化していく様子をよく観察してきました。特に多摩ニュータウン(向陽台、長峰、若葉台)の開発、稲城ICと稲城大橋の開通、鶴川街道の拡張、稲城駅・若葉台駅前の整備、南武線の高架化は、稲城市に大きな変化をもたらしました。今も開発が行われており、今後どう変化していくのかとても興味深いです。
南武線稲城長沼駅は高架化され、新たに「大河原邦男プロジェクト ガンダム&シャア専用ザク モニュメント」が設置され、「いなぎ発信基地ペアテラス」がオープンしました。モニュメントの高さは3.6メートルです。メカニックデザイナーとして知られる大河原邦男さんは稲城市出身で、他にも稲城市のイメージキャラクター「稲城なしのすけ」をデザインされました。いなぎ発信基地ペアテラスでは、稲城市の観光情報を入手できるだけでなく、稲城市や姉妹都市の特産品の販売、稲城なしのすけのグッズも販売されています。稲城長沼駅の改札口のすぐそばにありますので、ガンダムやザクと一緒に写真を撮ってみてはいかがでしょうか。










  • 上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    稲城市でガンダムに会おう!
      コメント(0)